スケッチや旅、日常のことなど、気ままに綴る徒然日記と、
展覧会のお知らせなど・・・。更新中!


2019年6月4日(火)

初夏ならではの風景を求めて
 例年なら5月は爽やかな風がわたるスケッチ日和なのだが、 今年は30度を超える日があったりと寒暖の差が激しく体調管理の難しい日が続いている。 早いものでもう6月に入り、梅雨入りの予報も出てなんとなく落ち着かない。
 スケッチ講座は、新緑の緑や花の咲く風景など、初夏の風景を求めて 御茶ノ水の給水所公苑や松濤公園などに出かけた。大輪のバラの咲く風景や、 水車小屋のある新緑の水辺など・・・。暑い日もあったが、幸い初夏らしい 風景スケッチを楽しむことができた。講座では、その日(場所)ごとに注意する (考慮する)点を、描く前にアドバイスしている。また、構図的に描く立ち位置も 重要なポイントとなる。立ち位置によってかなり見え方(描き方)が異なるので、 この位置で描いたらこんな絵になる、ここで描いたらこんな絵になる・・・と 作例を示ながら、その位置での描くポイントをアドバイスしている。 そのため、一定の位置でデモンストレーションなどで一律に描き方を見て頂いて、 あとは自由にどうぞ・・・といった内容の進め方は行っていない。 各々の方の描く位置が決まったら、その位置でアドバイスし、描き進める毎に アドバイスをしたり修正(加筆)をしたりと、個々の方の場所へ廻っている。 それがベストなのかは分からないが、自分のスケッチ法や経験から考え、 そのほうが受講者の方の上達に役立つのではないかと、そんな進め方を行っている (「上達コース」ですから・・・)。季節やその場所を楽しみながら、 いい絵が描けるようになったら、こんな幸せなことはないと思いつつ・・・
  (M.Yoshida)


運営/管理:CANAL INC.   制作協力:atelier jam
本サイト上のすべての画像(スケッチ・写真)、記事の著作権は作者に帰属し、CANAL INC.にて管理しております。
無断転載・複写・転用をかたく禁じます。 (C) Masami Yoshida/CANAL INC.